『線香花火』と『リアヒロイン』

『線香花火』と『リアヒロイン』の関係。

「線香花火」はインスタに載せている自分の漫画なのですが…

※漫画『線香花火』はコチラ(インスタに飛びます)

 

「リアヒロイン」の【stage.04 なんもないわ⑧】のエピソードですが、内容が「線香花火」とよく似ています。

 

エブリスタ(※)のあとがきには書きましたが、「線香花火」の元ネタは「リアヒロイン」なんですね。

つまり「リアヒロイン」は私のリアルにあった出来事に程近く、「線香花火」はそのリアルエピソードを少女漫画風にアレンジした作品です。

なのでこの2作品はいろいろ被ってますけど、手抜きというワケではないのでご了承ください。(ただの言い訳か)

(※「エブリスタ」とは小説無料投稿サイト。以前は漫画投稿もあり、自作品インフィニティデイズを更新していたマイホーム。)

*****

 

唐突ですが、「線香花火」ってハッピーエンドじゃないですよね。(少女漫画ってハッピーエンドが定石だろうとは思ってます。)

実はあれで終わりではなく、続きを描く予定でした。
でも続編のプロットを作ってみたものの、面白くならなくて頓挫してたんです。

あぁどーしよ~…って悩みまくったあげく、

「どーせならリアルであった事を描いた方が面白くなるんじゃ…?( ゜д゜)」

とトチ狂い、出来上がったのが「リアヒロイン」です。

 

とは言え「リアヒロイン」が完全ノンフィクション…なんて事はないです。

50%でも、なんなら100%フィクションだと思ってもらっても全然構いません。(ほぼフェイクだらけのエピソードも、話を繋げる為に今後出てきます。)

というか(あくまで私はですが)、何年も前にあったリアルの出来事なんて正確に記憶してませんし、会話なんて印象的な言葉以外「なんとなくこんな感じだったっけ?」くらいにしか覚えてません笑

もうその時点で正直フィクションですよね。

人間の記憶なんて曖昧なもんです。

 

それでも自分の経験やリアルに感じた事を多分に反映させた作品は、何か伝わるものがあるんじゃないかな~って思います。

 

「線香花火」があったからこそ生まれた漫画、「リアヒロイン」。この2作品の、切っても切れない関係を長々と説明させてもらいました。

ここまで読んでくれて、本当にありがとうございます。

これからも「リアヒロイン」を、どうぞよろしくお願いいたします!

*****

おまけ

▼エブリスタに投稿した「線香花火」のあとがきの一部。(ブログでしかリアヒロインを読んでない方は、ややネタバレになります。)